ばかこバッジランキング(264回終了時点)

しおん ●●●●
ジョー ●●●●
なる ●●●
みるるん ●●●
れなぴょん ●●●
なぎさ ●●●
れーちゃん ●●●

5個貯まると罰ゲームです!

NMBとまなぶくん第240回「美人女医が教える!知られざる病院の実態」まとめと感想

2018年6月11日

テーマ

美人女医が教える!知られざる病院の実態

ゲスト講師

丸田佳奈

ダブりの先輩

アインシュタイン

主な内容

ここがヘンだよ!医療ドラマ 「診断結果を告知するシーン」
ここがヘンだよ!医療ドラマ 診断結果を深刻には伝えない
ここがヘンだよ!医療ドラマ 屋上で話すことはない
ここがヘンだよ!医療ドラマ ナースキャップはかぶらない
ここがヘンだよ!医療ドラマ 「手術シーン」
ここがヘンだよ!医療ドラマ 手術中「汗!」とは言わない
医師免許を取得すれば何科にでもなれる!
これってホント!?医療現場の裏側
スポーツドリンクと点滴はほぼ一緒!
手術中に執刀医は好きな音楽を流せる!
手術着は青や緑だけではない
テニスボールを使って陣痛をやわらげる

解説・感想

まずは、医療ドラマにありがちだけど、医療関係者から見たらおかしいシーンに突っ込みを入れていきます。
まず、診断結果の伝え方
実際の医療現場では、深刻に告知することはありません。
医師の仕事は情報を伝えることなので、感情を入れずにさらっと言います
患者の不安を煽らないようにするためですね。

また、屋上で大事な話をすることもありませんし、ナースキャップは衛生面の観点から廃止されつつあります。
手術もリラックスした状態で臨むことがほとんどです。

ドラマでは演出のために様々な工夫が施されることがありますが、鵜呑みにせず、実際の現場では違うところも多いということを覚えておきたいですね。

続いては、医療現場の裏話。

お医者さんは医師免許を取得した時点で全ての分野を勉強しているので、どの診療科にもなれるんです。
大学医学部で6年間、全部を勉強して、医師国家試験を受けて、そこから臨床研修医として2年間勉強して、そのあとに自分の専門を勉強していきます。
つまりたくさん勉強しているということですね。
眼科をやっていて、一日だけ産婦人科というようなことはありませんが、たとえば、手術をしていた外科医が歳を取って体力的にきつくなった結果、内科や小児科に変わって開業する、というようなことがあるようです。

続いての話は点滴の成分
糖分・塩分・水の3種類で、これはスポーツドリンクとほぼ一緒です。
点滴をするのは口から水分が摂れない人が多く、そういった栄養を口から摂取できていれば、点滴する必要はないんですね。

その他には、手術中はリラックスするために好きな音楽を流せることや、おしゃれな手術着が増えていること、妊婦さんの陣痛を和らげる方法についてのお話が聞けました。

最後は無痛分娩の話。
スタジオでもメンバーから色々な意見が出ました。
大事なのは、無痛分娩が良いか悪いかではなく、医療行為をすれば必ずリスクが付いてくるということ
無痛分娩は薬を使うので、薬によるリスクもしっかり考えておきましょう。

今日のかしこさん

しおん(スポーツドリンク大正解)

今日のばかこさん候補

ふぅちゃん(産毛発言)
やまりな(点滴の中身は胃液発言)

今回のばかこ候補が挑戦するのは”1分間早書き対決”。
診療科の名前を1分以内にできるだけ多く書き、正解数が少なかったメンバーがばかこ決定です。
真剣勝負の結果は動画でご覧ください!

動画で見る

NMBとまなぶくんは見逃しても放送日から7日間、無料で見ることができます。
カンテレドーガの無料視聴ページはこちら

見逃し配信を見逃しても大丈夫!
7日間を過ぎても無料で見る方法はこちら